引越しの費用を安く抑えるには、予約の少ない日を狙いましょう

もしも引越しをするのであれば、費用は少しでも安く抑えたいですよね。
そこで引越し業社の料金を少しでも安く抑えるテクニックについて、少し説明します。
まずは繁忙期を避けることです。毎年3月~4月は引越しの予約が集中するシーズンですので、各業者とも料金を通常より高めに設定しています。ですから可能な限りその時期を避けて引越しをすることです。
また土日や祝日も同じく予約が多くなりますので、できれば平日に引越しをした方が割引を受けられる可能性が高いでしょう。
さらにもっと細かく見てみると、一日の中でも作業を始める時間帯によって料金が変わる場合があります。
そこで引越しの日にちだけを事前に決めておき、時間帯は業社の都合によって決めてもらう「フリー便」というサービスを利用することも、費用を安く抑えるテクニックの一つと言えるでしょう。

引越しにともなう事務手続き

引越しと言うと荷物の運び込みに気をとられますが、意外と住所変更などの事務手続きが多くて面倒なことが多くあります。当然住民票の異動届はもちろんですが、いろいろな契約の住所を各所に届けないといけません。特に料金が発生する電気代や水道料金など電力会社や水道局、固定電話の電話会社なども連絡も優先順位も高いところです。銀行の口座
や各種保険も忘れずに届けておく必要があります。学校や会社も通知が必要ですし、もちろん知人、友人、親類など多くの方にも引越したことをお知らせしなければならないので行き当たりばったりでやると連絡漏れなども生じるのでぜひリスト化して一つづつ優先度の高いものから事務手続きを行っていくことをお勧めします。

引越しの時にいつも思うこと

引越しを機に荷物を減らしたい!
引越しをする時はいつもそう思って、これはすぐに使う、これはすぐには使わない、これはいらない、などと荷物を分けて段ボールに詰め込みます。
でも引越しの日が近づいてくるととにかく詰め込まなければ!と焦って、分別する余裕もなく放り込んでいくことになります。
そして当日は、後回しにしていたものすべてをごっちゃに段ボールに投げ込んで、トラックに積み込んで頂く・・・ということになります。
引越し先で片付け作業をしていると、何でこんなもの持ってきたのだろうと思うこともしばしば。
でもその場で捨てることも出来ず・・・
そして気付くのです。
何でもってきたのだろう、ではなく、捨てられずに後回しにして新居に運ばれてきたのだということに。
「これはいらない」と思っていたものも、その時に捨てていなかった場合は、結局新居に運ばれてきてしまいます。
引越しを機に荷物を本当に減らしたい!と思うのであれば、捨てる勇気を持たなければダメなのですね。
引越しから5年経った今でも、「これはいらない」と言っていた荷物が奥の方でこっそり眠っています。

引越しのあれこれなど

引越しに関するあれこれを書こうと思います。自分はこれまで2度行ったことがあります。物件探しは、ネットの賃貸サービスを利用しました。
だいたい、ネットの物件というものは、情報が古いということが多く、実際には、不動産屋が紹介してくれる物件を見て契約するというのがオーソドックスなスタイルです。単身なので、月4万くらいのアパートを紹介してもらいました。新居へは、業者を介さずに、実家の親の軽トラックを利用しました。生活面では、トイレと風呂が別かどうかでだいぶ生活が変わると思います。近くにスーパーやクリーニング屋があれば良いです。新生活をむかえるには、それなりいい環境が必要だと思うので、参考にしてください。

男性保育士は就職可能?

保育士には、女性のイメージが強いですが、実は男性の保育士も存在します。
男性保育士の就職と調べると多くのサイトも立ち上がります。
もちろん、女性に比べると少なく、全体の1割強ですが、これから増えていく事も考えられます。

その理由としては、保育士不足が挙げられるでしょう。待機児童の問題や保育士所の枯渇問題など、
抱えられている問題はたくさんあります。

それでも、まだまだ少ない事もあり、ご家族によっては懸念される事もあります。
イメージを悪く持たれる事もまだまだあります。

しかし、男性ならではの力仕事や、女性を守れる意味でも仕事に需要はあるので、
これから転職を考えられる方は良い仕事かも知れませんね。

引越しの荷造り掃除について

引越しを何度も経験している人はわかるとおもいますが、大変なのは荷造り掃除だと思います。最近は事前に荷造りを手伝ってくれるパックもありますが、引っ越した後に多くの段ボールから取り出すときにどこに何が入っているのかわからなくなるので自分で場所を把握しておいた方がよいです。

荷物は減らしておいた方がよいので、粗大ごみはあらかじめ地域の業者に頼んでおいた方がよいです。市や区でも有料で引き取ってくれますが、事前に予約は必要なので早めにしておいた方がよいです。

掃除は特に水廻りが汚れているので、台所や浴室も少しずつ進めておいた方がよいです。当日時間がなくてそのままにしておくと清掃費としてあとから請求されることがあるので注意が必要です。

テレビが壊れ久しぶりに音楽を聴いたら

いつもは朝起きたら観ても観なくてもまずテレビをつけるのですが、
ある朝テレビをつけたら、画面が真っ白で全く見えない状態になっていました。

最悪だ!1日つまらなく過ごすのか。。と思いながら、音も何もない家で
一人で過ごすのはなんか寂しいし嫌なので音楽でも聴こうと思い、
段ボールにしまっていたたくさんのCDを取り出し、久しぶりにコンポで聴くことにしました。
曲が流れた瞬間、学生時代の思い出、懐かしい友達との思い出、
当時付き合っていた人のこと、いろんなことが蘇ってきました。
なぜか思い出に浸っていました。

何気にかけた音楽がいろんな出来事を思い出させてくれて
音楽と共に心地良い時間が流れていました。

音楽って流行ってる時は毎日でも聴くし、飽きる程聞こえてくる。
けど、新しいものが出ればテレビでもラジオでも流れることもなくなり
過去のものになっていく。

ある朝テレビが故障したお陰で気づきました!
音楽って時の流れに消えていくものではなく、思い出と一緒に新鮮なまま
心の中で生きているのです。

音楽のある朝の一杯のコーヒーは最高です!

音楽人としての始まり

私はクラブDJです。
DJといってもラジオで軽快にトークを繰り広げるDJではありません。
一般的にディスコにいるDJを想像すればだいたいイメージしてもらえればわかるでしょう。
そんな私ももともとは音楽には全くの無頓着で高校生の頃は好きなバンドの歌を少し聞く程度だった。
始まりは大学生の時でした。大学生になった私は先輩に連れていかれてクラブデビューを果たしましたが、初めて足を踏み入れたその空間の不思議な空気感に飲み込まれていきました。
それからというものの頻繁にクラブに通って一度も聞いたことの無い曲に囲まれて自由時間を過ごした。
そんな時、私に転機が訪れました。通っていたイベントの主催者から声をかけられたのです。
「よく来ているよね。音楽が好きなの?」そう声をかけられた私はうなずくしかなかった。
それからというもののその主催者とよく話すようになり、しまいにはそのイベントの出演者の身内のホームパーティに呼ばれるようになりました。
DJの集まりに素人の自分が混じるのも不思議な気分であったが、人見知りしない自分の性格が功を奏して溶け込むことができました。
その時です。主催者からの一言「君もこの機材触ってみる?」
このようにして私はクラブDJの一歩を歩み始めたのでした。

引越し業者の選定について気を付けること

引越費用は、できる限り低く抑えたい。そう考える方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。自分で梱包を行い、最低限の運び出しだけを依頼すれば、もちろん業者の設定する最低の費用で済むかと思います。ただ、業者の選定には値段以外のことも考える必要があります。

引越し当日に配置される、作業者の数です。いくら安いプランであっても、戸建住宅なのに2人だけだと心細いです。作業がスムーズに進まないばかりか、作業が雑になってしまう可能性も考えられます。

業者を検討する場合は、同じ作業内容で比べたときに、何人派遣してもらえるのかについて、必ず確認するようにしましょう。新居への入居は、気持ちよく、かつスムーズに行いたいですものね。

あの夏の夜、父はビールを飲んでいました

小学生の頃、夜ご飯を家族みんなで食べていました。
全員で18時30分に集合し、食べるのはいつの間にか暗黙の了解となっていたのです。

ある夏の日、いつもより蒸し暑い夜でした。
普段はお酒を飲まない父が、瓶ビールを開け、コップになみなみにつぎ、くいっといっぱい飲み干していました。
その時の、うまそうな顔は今でも鮮明に思い出せます。

自分が20歳となり、ビールを初めて飲んだ日を覚えています。
その日は、あの父親がビールを飲んでいたような、暑い夏の夜でした。

前々から冷やしてあったキリンのビールを冷蔵庫から取り出し、一人暮らしの部屋の小さな窓から外を眺め、あの日の父と同じようにくいっと流し込みました。
その味はとっても苦く、おいそれとは飲み込めないほどでした。
しかし、「ビールはのど越しだ」と、どこかで誰かが言っていた言葉を思い出しました。
そして、一気に飲み込んでみることとしました。

なるほど、父はこの美味しさを味わっていたのか。と、気づいた夏の夜でした。